CrudeDrug:Swertiae Herba

From WAKANDB

Jump to: navigation, search

Contents

センブリ (Swertiae Herba)

一般生薬名 センブリ, Swertiae Herba
基原 Swertia japonica Makino, センブリ
原植物科名 Gentianaceae, リンドウ科
薬用部位 開花期の全草
選品 開花初期に採集された花や葉の多いものが良い (TN).
臨床応用 苦味健胃薬. 発毛促進, 鎮静, 抗炎症薬としても応用する.
伝統医学的薬効 分類
薬効
薬味・薬性 苦. 寒.
成分情報 モノテルペノイド Monoterpenoids:
Secoiridoids:
(*C1):
Swertiamarin, Sweroside, Gentiopicroside, Amarogentin, Amaroswerin
S. japonica (*C6, C7):
Swertiamarin, Sweroside,
以下代謝物 (The following compounds are metabolites.) 4,4beta-5alpha,6alpha-Tetrahydro-5beta-hydroxymethyl-6beta-methyl-1H,3H-pyrano[3,4-c]pyran-1-one, Epinaucledal, Naucledal
(*C9):
Gentiopicrin
トリテルペノイド Triterpenoids:
(*C1):
Oleanolic acid, Thysanolactone
キサントン類 Xanthones:
(*C1):
Norswertianin, Swertianin, Methylswertianin, Swertianolin, Desmethylbellidifolin, Bellidifolin(=Swertianol), Methylbellidifolin
S. japonica (*C2-C5):
Tetrahydroswertianolin, 1,3,6,7-Tetrahydroxyxanthone
S. chirata (*C8):
Mangiferin, 1,3,6,7-Tetrahydroxyxanthone
(*C9):
Swertinogen
フラボノイド Flavonoids:
(*C1):
Swertisin, Swertiajaponin, Homoorientin, Isovitexin
S. japonica (*C4, C5):
Homoorientin, 6-C-Glucosyleriodictyol, (±)-Eriodictyol, Luteolin
フェノール系化合物 Phenol derivatives:
S. japonica (*C4, C5):
Phloroglucinol
その他の芳香族誘導体 Other aromatic derivatives:
S. japonica (*C6, C7):
Erythrocentaurin, Hydroxymethyl isochroman-1-one
ピリジンアルカロイド Pyridine alkaloids:
S. japonica (*C6):
Gentianine
薬理作用 胃液分泌 (gentiopicrin:促進;genitianine:抑制;swertinogen:少量で促進, 大量で抑制). 胆汁・膵液分泌促進. 抗潰瘍 (gentianine). 肝臓機能改善, 毛細血管拡張, 皮膚細胞賦活, 発毛促進 (swertinogen). 血糖降下作用 (bellidifolin).
DNA配列 DDBJ Accession numbers: AF102486, AJ010528, AJ011457
適応症 胃痛, 腹痛
方剤 苦味チンキ, 苦味重曹水, センブリ・重曹散, 硫酸マグネシウム水
参考文献 C1) 和漢薬百科図鑑 Vol. II, pp 46-47.
C2) Chem. Pharm. Bull., 45, 567 (1997).
C3) Chem. Pharm. Bull., 45, 1823 (1997).
C4) Natural Drugs and the Digestive Tract, 299 (1992).
C5) J. Nat. Prod., 51, 874 (1988).
C6) Planta Med., 55, 147 (1989).
C7) Shoyakugaku Zasshi, 44, 122 (1990).
C8) Phytochemistry, 28, 1289 (1989).
C9) 和漢薬物学, pp 237-240.
同類生薬 チライタ
備考 センブリは代表的な日本の民間薬である. またセンブリは漢薬「胡黄連」の代用薬として「反魂丹」の処方に配合されていた. 胡黄連はゴマノハグサ科の Picrorrhiza scrophulariiflora Pennell または P. kurrooa Royle ex Benth. の根茎である. チライタ (チレッタまたはキラータティクタ) は, Swertia chirayta (Roxb.) Karst. の全草で, インド医学 (アーユルヴェーダ) の医学書『Caraka Samhita (チャラカ本集)』中に記載があり, 過剰な Kapha Dosa (粘液質) を下げる効能があり, 皮膚や血液の疾患に用いるとされる.


詳細情報


  • [ 含有成分]


写真

生薬コード00026374


LC-MS Data

タイプ 試料コード 補足事項
 植物
 生薬 00026374
 エキス 10026374 水エキス
Views
Personal tools