CrudeDrug:Sesami Semen

From WAKANDB

Jump to: navigation, search

Contents

ゴマシ (Sesami Semen)

一般生薬名 胡麻 (ゴマ油), huma, Sesami Semen
基原 Sesamum indicum L., ゴマ
原植物科名 Pedaliaceae, ゴマ科
薬用部位 種子
選品 微黄色澄明の液体, 0~-5℃で凝固する. 臭いがないか, わずかに特異な臭いがある (TN).
臨床応用 滋養強壮, 粘滑, 解毒薬として, 虚弱体質, 病後の回復, 便秘などに応用する. また炎症, 瘡癰などに外用する.
伝統医学的薬効 分類 補陰薬
薬効 補肝腎, 益精血, 潤腸燥, 頭暈眼花, 耳鳴耳聾, 鬚髪早白, 病後脱髪, 腸燥便秘に用いる.
薬味・薬性 甘. 平.
成分情報 脂肪酸 Fatty acids:
(*C1):
Oleic acid, Linoleic acid, Palmitic acid, Stearic acid
リグナンとネオリグナン Lignans & Neolignans:
(*C1):
Sesamin, Sesamolin, Sesamol
薬理作用 未詳.
DNA配列 DDBJ Accession numbers: AF067067, AF169853, AJ236041, L14408
適応症 病後の衰弱, 便秘, 頭のふらつき, 目がかすむ, 耳鳴り, しびれ
方剤 消風散
参考文献 C1) 和漢薬百科図鑑 Vol. I, pp 278-279.
同類生薬
備考 白胡麻と黒胡麻があるが, 一般には黒胡麻が薬用にされる. 種子から得た脂肪油がゴマ油. アーユルヴェーダでは各種の油薬 (タイラ) の基剤として多用される.


詳細情報


  • [ 含有成分]


写真

生薬コード00026367


LC-MS Data

タイプ 試料コード 補足事項
 植物
 生薬 00026367
 エキス 10026367 水エキス
Views
Personal tools