CrudeDrug:Schizonepetae Spica

From WAKANDB

Jump to: navigation, search

Contents

ケイガイ (Schizonepetae Spica)

一般生薬名 荊芥, jingjie, Schizonepetae Herba
基原 Schizonepeta tenuifolia Briquet, ケイガイ
原植物科名 Lamiaceae, シソ科
薬用部位 花期の地上部または花穂
選品 芳香の強い新鮮なものが良品 (TN).
臨床応用 発汗, 解熱, 去風, 鎮痙, 止血薬として, 感冒の発熱, 頭痛, 咽喉痛, 瘡傷, 皮膚疾患, 産後不良, 吐血, 衄血, 便血, 崩漏などに応用する.
伝統医学的薬効 分類 辛温解表薬
薬効 解表散風, 透疹. 感冒, 頭痛, 麻疹, 風疹, 瘡瘍初起に用いる.
薬味・薬性 辛. 温.
成分情報 その他の脂肪族関連化合物 Other aliphatic and related compounds:
(*C1):
3-Octanone, 3-Octanol, 1-Octen-3-ol
モノテルペノイド Monoterpenoids:
精油約1.8%(*C1):
d-Menthone, l-Menthone, d-Limonene, l-Pulegone, l-Isomenthone, Isopulegone, alpha-Pinene, beta-Pinene, Camphene, Piperitone, Piperitenone, Schizo-nepetoside A, Schizo-nepetoside B, Schizo-nepetoside C, Schizo-nepetoside D, Schizo-nepetoside E
セスキテルペノイド Sesquiterpenoids:
(*C1):
Caryophyllene, beta-Elemene, beta-Humulene
フラボンとフラボノール Flavones & Flavonols:
(*C1):
Diosmetin, Hesperetin, Luteolin
薬理作用 弱い解熱, 鎮痒. 抗菌 (結核菌).
DNA配列
適応症 感冒, 悪寒, 発熱, 頭痛, 咽喉痛, 麻疹, 風疹, そう痒, 皮膚化膿症, 吐血, 鼻出血, 血便
方剤 駆風解毒散, 荊芥連翹湯 [回春], 十味敗毒湯, 消風散, 清上防風湯, 川芎茶調散, 治頭瘡一方, 当帰飲子, 防風通聖散, 荊芥連翹湯 [一貫堂], 洗肝明目湯, 活血解毒湯, 玉穂湯, 駆風解毒散, 瀉胃湯, 清咽利膈湯
参考文献 C1) 和漢薬百科図鑑 Vol. II, pp 52-53.
同類生薬 羅勒
備考 中国東北地区市場の荊芥には Schizonepete multifida Briq. 及びナギナタコウジュ Elsholtia ciliata (Thunb.) Hylander がまれに混入され, 広東省では Salvia plebeia R. Br. やハナハッカ (オレガノ) Origanum vulgare L., 湖北省ではメボウキ (バジル) Ocimum basilicum L. 雲南, 山西省ではイヌハッカ Nepeta cataria L. を荊芥と称している. また土荊芥と称するものには多種の植物が用いられる. 古来には羅勒が荊芥 (假蘇) の一種として用いられていた. 現在羅勒はメボウキの開花期の全草で, 産後の血行改善, 胃痙攣, 腎臓病などに用いる.


詳細情報


  • [ 含有成分]


写真

生薬コード00025891


LC-MS Data

タイプ 試料コード 補足事項
 植物
 生薬 00025891
 エキス 10025891 水エキス
Views
Personal tools