CrudeDrug:Salviae miltiorhizae Radix

From WAKANDB

Jump to: navigation, search

Contents

タンジン (Salviae miltiorhizae Radix)

一般生薬名 丹参, danshen, Salviae miltiorhizae Radix
基原 Salvia miltiorhiza Bunge
原植物科名 Labiatae, シソ科
薬用部位
選品 太く, 内側が紫黒色で菊花形の白点があるものが良い (NI).
臨床応用 活血, 調経, 消腫, 鎮痛薬として, 月経不調, 腹痛, 経閉, 産後の悪阻腹痛, リウマチなどに応用する.
伝統医学的薬効 分類 活血去瘀薬
薬効 去瘀止痛, 活血通経, 清心除煩 . 月経不調, 経閉痛経, 癥瘕積聚, 胸腹刺痛, 熱痺疼痛, 瘡瘍腫痛, 心煩不眠;肝脾腫大, 心絞痛に用いる.
薬味・薬性 苦. 微寒.
成分情報 ジテルペノイド Diterpenoids:
S. miltiorhiza (*C1):
Tanshinone I, Tanshinone IIA, Tanshinone IIB, Cryptotanshinone, Tanshinol I, Tanshinol II
S. miltiorhiza (*C2, C3, C5, C6):
Danshenol A, Danshenol B, Dihydrotanshinone I, Cryptotanshinone, Tanshinone IIA, Danshexinkun A, Sugiol
S. deserta (*C2, C3, C5, C6):
6,7-Dehydroroyleanone, Royleanone, 7-O-Methylhorminone, Taxodione, 7-O-Acetylhorminone, Horminone
フェニルプロパノイド Phenylpropanoids:
S. deserta (*C3, C5, C6):
Salvianolic acid K, Salviaflaside, Rosmarinic acid, Lithospermic acid B
S. miltiorhiza (*C4):
Lithospermic acid B (Lithospermate B)
薬理作用 空間認知機能障害改善作用, 冠状動脈拡張作用, 肝臓保護活性 (Lithospermic acid B), アルドース還元酵素阻害, 抗真菌, 内皮依存性血管弛緩作用 (Lithospermic acid B), 腎機能改善作用 (Lithospermic acid B) (*E1, 2), ラジカル消去作用 (*E3).
DNA配列 DDBJ Accession numbers: L14407
適応症 月経不順, 月経痛, 無月経, 産後悪阻, 狭心痛, 脇痛, 皮膚化膿症, 不眠, 関節の腫脹・疼痛
方剤 希有処方に配合
参考文献 C1) 和漢薬百科図鑑 Vol. I, pp 24-25.
C2) Chem. Pharm. Bull., 45, 564 (1997).
C3) Chem. Pharm. Bull., 45, 1306 (1997).
E1) Chem. Pharm. Bull., 36, 316 (1988).
E2) Nat. Med., 51, 287 (1997).
E3) Experimental & Toxicologic Pathway, 47, 341 (1995).
同類生薬 紅秦艽
備考 紅秦艽は同属の S. przewalskii Maxim. の根で, 駆瘀血, 去風湿薬とされる. 同種は丹参として中国市場に流通することがある. 日本市場には S. miltiorhiza 以外に, S. paramiltiorrhiza H. W. Li & X. L. Huang, S. sinica Migo の根も流通する.


詳細情報


  • [ 含有成分]


写真

生薬コード00026377


LC-MS Data

タイプ 試料コード 補足事項
 植物
 生薬 00026377
 エキス 10026377 水エキス
Views
Personal tools