CrudeDrug:Rehmanniae Radix

From WAKANDB

Jump to: navigation, search

Contents

ジオウ (Rehmanniae Radix)

一般生薬名 地黄, dihuang, Rehmanniae Radix
基原 Rehmannia glutinosa Liboschitz var. purpurea Makino, Rehmannia glutinosa Liboschitz, アカヤジオウ, カイケイジオウ
原植物科名 Scrophulariaceae, ゴマノハグサ科
薬用部位 肥大根
選品 外皮が灰色で内部が紫黒色で味が甘く少し苦く, 肥えた大きなものがよい(NI).
臨床応用 涼血, 補血, 強壮, 清熱薬として, 吐血, 煩渇及び精神不安などに応用する.
伝統医学的薬効 分類 清熱涼血薬
薬効 清熱涼血, 養陰, 生津. 熱病舌絳煩渇, 陰虚内熱, 骨蒸労熱, 内熱消渇, 吐血, 衄血, 発斑発疹に用いる. (生地黄)
薬味・薬性 乾地黄:甘. 寒. 熟地黄:甘. 微温. 生地黄 (鮮生地) 大寒.
成分情報 脂質 Lipids:
(*C1):
Cerebroside, Jio-cerebroside
糖質 Sugar:
(*C1):
Manninotriose, Verbascose
単糖類 Monosaccharides:
(*C1):
D-Mannitol, D-Glucose, D-Fructose, D-Galactose
少糖類 Oligosaccharides:
(*C1):
Raffinose, Stachyose, Sucrose
モノテルペノイド Monoterpenoids:
Iridoids:
(*C1):
Catalpol, Aucubin, Rehmannioside A, Rehmannioside B, Rehmannioside C, Rehmannioside D, Rehmaionoside A, Rehmaionoside B, Rehmaionoside C, Rehmaionoside D, Melittoside, Leonuride
カロテノイド及びビタミンA Carotenoids & Vitamin A:
(*C2):
Vitamin A
ステロール Sterols:
(*C1):
Sitosterol
フェノール系化合物 Phenol derivatives:
(*C1):
Acteoside
アミノ酸 Amino acids:
(*C2):
Arginine
その他 Other:
(*C2):
薬理作用 血糖降下, 強心, 血圧上昇, 利尿 (エキス). 瀉下, 利尿 (catalpol).
DNA配列
適応症 発熱, 口渇, 便秘, 咽痛, 吐血, 鼻出血, 血尿, 血便, 不正性器出血, 出血, 皮下出血, 多飲
方剤 痿証方, 温清飲, 益元湯, 益気養栄湯, 黄耆別甲湯, 黄土湯, 黄連消毒飲, 加減涼膈散, 葛根紅花湯, 加味温胆湯, 加味犀角地黄湯, 加味四物湯, 加味逍遙散合四物湯, 加味八脉散, 加味八仙湯, 甘露飲, 桔梗湯 [外台], 亀板湯, 芎帰膠艾湯, 芎帰調血飲, 荊芥連翹湯 [一貫堂], 桂枝五物湯, 桂枝桃仁湯, 牛車腎気丸, 五物大黄湯, 五淋散, 犀角地黄湯, 柴胡清肝散, 柴胡疎肝湯, 柴胡養栄湯, 三物黄芩湯, 滋陰降火湯, 四陰煎, 滋腎通耳湯, 滋腎明目湯 (腎気明目湯), 七賢散, 七物降下湯, 四物湯, 瀉胃湯, 十全大補湯, 十味ざ散, 潤腸湯, 生地黄湯, 正心湯, 消風散, 舒筋立安散, 腎気明目湯, 清胃瀉火湯, 生津湯, 清燥養栄湯, 清熱補血湯, 清涼飲, 洗肝明目湯, 疎経活血湯, 大防風湯, 治酒査鼻方, 猪苓湯合四物湯, 当帰飲子, 当帰六黄湯, 独活葛根湯, 独活寄生湯, 人参養栄湯 [局方], 麦門冬飲子, 八味丸合人参湯, 八味地黄丸, 八珍湯, 百合固金湯, 茯苓補心湯, 補陰湯, 防已地黄湯, 奔豚湯 [深師], 蔓荊子散, 竜胆瀉肝湯 [薛氏], 竜胆瀉肝湯 [一貫堂], 連珠飲, 六味地黄丸
参考文献 C1)和漢薬百科図鑑 Vol. I, pp 63-64.
C2)生薬概論, p229.
同類生薬 熟地黄, 鮮地黄
備考 日本ではアカヤジオウに由来する地黄はほとんど市場性がない. 奈良県でわずかに系統保存のための栽培が行われている. フクチヤマ1号 (カイケイジオウ×アカヤジオウ) が開発されている. 中国ではカイケイジオウの新鮮な根を鮮地黄, 乾燥したものを生地黄 (日本でいう乾地黄), 蒸して乾燥したものを熟地黄と称す. 熟地黄は黄酒 (紹興酒など) を用いるかまたはそのまま蒸し器で蒸し, その後日光で乾燥する. 「蒸す-乾燥」の操作を9回繰り返す. 乾地黄, 生地黄は清熱涼血薬として熱証に用い, 熟地黄は補血薬として虚寒証に用いる.


詳細情報


  • [ 含有成分]


写真

生薬コード00025909


LC-MS Data

タイプ 試料コード 補足事項
 植物
 生薬 00025909
 エキス 10025909 水エキス
Views
Personal tools