CrudeDrug:Processi Aconiti Radix

From WAKANDB

Jump to: navigation, search

Contents

ブシ (Processi Aconiti Radix)

一般生薬名 附子, fuzi, Aconiti Tuber(Radix Aconiti Lateralis Preparata)
基原 Aconitum carmichaeli Debeaux, Aconitum japonicum Thunberg, ハナトリカブト, カラトリカブト, オクトリカブト
原植物科名 Ranunculaceae, キンポウゲ科
薬用部位 塊根(子根),6月下旬-8月上旬採
選品 鶏卵大のものが最上品とされる (NI).
臨床応用 強壮, 利尿, 強心, 鎮痛薬として, 代謝機能失調の回復, 身体四肢関節の麻痺疼痛などの回復, 虚弱体質者の腹痛, 下痢, 失精など内臓諸器官の弛緩によって起こる症状の回復などに応用する.
伝統医学的薬効 分類 温裏薬
薬効 回陽救逆, 補火助陽, 逐風寒湿邪. 亡陽虚脱, 肢冷脉微, 陽萎, 宮冷, 心腹冷痛, 虚寒吐瀉, 陰寒水腫, 陽虚外感, 寒湿痺痛に応用する.
薬味・薬性 辛. 温.
成分情報 アルカロイド Alkaloids:
A. carmichaeli (*C1):
Aconitine, Hypaconitine, Mesaconitine, Carmichaeline, Talatisamine, Coryneine chloride
A. japonicum (*C1):
Aconitine, Mesaconitine, Hypaconitine, Hygenamine
Aconitum spp. (*C2):
Aconitine系 (type):Aconitine, Hypaconitine, Mesaconitine, Jesaconitine, Neopelline, Atisin系 (type):Atisine, Kobusine, Pseudokobusine, Telatisine, Songorine, Atidine, Napelline, Heteratisine, Hypognavine, Ignavine, 強心成分 (Cardiotonic compounds):Hygenamine, Coryneine, Yokonoside, etc.
A. ferox (*C1):
Pseudoaconitine
A. heterophyllum (*C1):
Atidine, Atisine, Hetisine, Heteratisine, Benzoylheteratisine
A. napellus (*C1):
Songorine, Napelline, Hypaconitine, Mesaconitine, Neopelline, Neoline, Aconine, Benzoylaconine, Aconitine, Napellonine
薬理作用 鎮静, ストレス潰瘍抑制作用 (エキス). 鎮静, 血圧降下, 不整脈誘発作用 (aconitine), 強心作用 (hygenamine, coryneine). 鎮痛, 抗炎症作用 (mesaconitine).
DNA配列 DDBJ Accession numbers: AB020369, AB020370, AB020371, AB020372, AB020373, AB020374
適応症 顔面蒼白, チアノーゼ, 四肢の冷え, 脈が微弱, 自汗, 腰や膝がだるく無力, 頻尿, 性機能減退, 泥状水様便, 腰痛, 尿量減少, 腹満, 関節の腫脹・疼痛, しびれ, 悪寒
方剤 阿膠附子湯, 烏頭赤石脂丸, 温脾湯, 解急蜀椒湯, 葛根加苓朮附湯, 乾姜附子湯, 甘草附子湯, 近郊方朮附湯, 桂姜棗草黄辛附湯, 桂枝加朮附湯, 桂枝加苓朮附湯, 桂枝去芍薬加麻黄附子細辛湯, 桂枝芍薬知母湯, 桂枝二越婢一湯加苓朮附, 桂枝附子湯, 香朴湯, 牛車腎気丸, 三生飲, 四逆湯, 四逆加人参湯, 芍甘黄辛附湯, 芍薬甘草附子湯, 芍薬甘草附子大黄湯, 正観湯, 小続命湯, 舒筋立安散, 真武湯, 正観湯, 壮原湯, 大黄附子湯, 大三五七散, 大桃花湯, 大防風湯, 断痢湯, 竹葉湯, 丁香茯苓湯, 丁附理中湯, 通脉四逆湯, 八味丸合人参湯, 八味地黄丸, 反鼻交感丹, 白朮附子湯, 茯苓四逆湯, 補腎湯, 奔豚湯 [広済], 麻黄加苓朮附湯, 麻黄附子甘草湯, 麻黄附子細辛湯, 薏苡附子敗醤散, 利膈湯, 六物附子湯
参考文献 C1) 和漢薬百科図鑑 Vol. I, pp 91-97.
C2) 生薬学概論, pp 304-305.
同類生薬 烏頭, 天雄
備考 トリカブトアルカロイドは毒性が強く, 減毒のための種々の調製法 (修治法) があり, その違いにより「塩附子」,「炮附子」,「黒附片」,「白附片」などと呼ばれる. 加圧・加熱処理した「加工附子」が各種製剤に用いられている. 中国産塩附子 (Aconitum carmichaeli の子根) :塩水とにがり水の混液につけた半乾燥品. 炮附子:塩附子の外皮を剥ぎ2縦割して乾燥したもの. 黒附片, 熟附片:にがり水に浸けた後縦切りにし, 調色剤で染色, 蒸してから乾燥したもの. 白附片:黒附片に準ずるが, 外皮をはぎ, 最終工程で硫黄により白く薫蒸したもの. 日本産白河附子 (Aconitum japonicum の塊根) :塩水に浸したのち石灰をまぶして乾燥したもの. なお, 『中華人民共和国薬典』では, 附子は Aconitum carmichaeli の子根の加工品とされる.


詳細情報


  • [ 含有成分]


写真

生薬コード00025944


LC-MS Data

タイプ 試料コード 補足事項
 植物
 生薬 00025944
 エキス 10025944 水エキス
Views
Personal tools