CrudeDrug:Polyporus

From WAKANDB

Jump to: navigation, search

Contents

チョレイ (Polyporus)

一般生薬名 猪苓, zhuling, Polyporus
基原 Polyporus umbellatus Fries, チョレイマイタケ
原植物科名 Polyporaceae, サルノコシカケ科
薬用部位 菌核
選品 内部が白色で充実し, よく肥大したものが良品. しなびた感じのものや内部が紅色又は黒色のものは劣品 (TN).
臨床応用 利尿, 解熱, 止渇薬として, 小便不利, 口渇, 腎臓疾患などに応用する. 漢方では余剰の水を除き, 熱を冷ますとされる.
伝統医学的薬効 分類 利水滲湿薬
薬効 利水滲湿. 小便不利, 水腫, 泄瀉, 淋濁, 帯下に応用する.
薬味・薬性 甘, 淡. 平.
成分情報 その他の脂肪族関連化合物 Other aliphatic and related compounds:
(*C1):
2-Hydroxytetracosanoic acid
多糖類 Polysaccharides:
(*C1):
Glucan
ステロール Sterols:
(*C1):
Ergosterol, Ergosta-4,6,8(14),22-tetraen-3-one
含硫アルカロイド及びその他の化合物 Sulfur containing alkaloids:
(*C1):
Biotin
薬理作用 利尿 (水エキス). 抗腫瘍 (水溶性グルカン).
DNA配列 DDBJ Accession numbers: D49670, D49671, D49672
適応症 尿量減少, 浮腫, 泥状水様便, 帯下
方剤 胃苓湯, 茵蔯五苓散, 茵蔯散, 加減胃苓湯, 加味八脉散, 九味半夏湯, 五苓散, 柴苓湯, 実脾湯, 四苓湯, 腎炎一方, 腎疸湯, 猪苓湯, 猪苓湯合四物湯, 当帰拈痛湯, 当帰白朮湯, 肺疳方, 巫神湯, 分消湯, 回春茵蔯散
参考文献 C1) 和漢薬百科図鑑 Vol. II, p 239-240.
同類生薬
備考 日本産はくびれが多く, やや軽質で, 真猪苓と称され, 中国産は凹凸が少なく, 硬質で, 唐猪苓と称される. 猪苓は茯苓と同様, 利水, 消腫, 利湿, 清熱の作用があるが, 茯苓のように補益の作用がない. また熱性を伴う症状に応用する.


詳細情報


  • [ 含有成分]


写真

生薬コード00025929


LC-MS Data

タイプ 試料コード 補足事項
 植物
 生薬 00025929
 エキス 10025929 水エキス
Views
Personal tools