CrudeDrug:Notopterygii Rhizoma

From WAKANDB

Jump to: navigation, search

Contents

キョウカツ (Notopterygii Rhizoma)

一般生薬名 羌活, qianghuo, Notopterygii Rhizoma
基原 Notopterygium incisum Ting ex H. T. Chang, Notopterygium forbesii Boissieu, ノトプテリギウム・インキスム
原植物科名 Apiaceae, セリ科
薬用部位 根茎または根
選品 四川省産で根茎の形態が蚕に似た「蚕羌」が品質最良である.
臨床応用 鎮痛, 鎮痙, 新陳代謝賦活薬として, 頭痛, 関節痛, リウマチ, 半身不随, 身体疼痛などに応用する.
伝統医学的薬効 分類 辛温解表薬
薬効 散寒, 去風, 除湿, 止痛. 風寒感冒頭痛, 風湿痺痛, 肩背酸痛に用いる.
薬味・薬性 辛, 苦. 温.
成分情報 その他の脂肪族関連化合物 Other aliphatic and related compounds:
(*C1):
Falcarindiol
ステロイドサポニン及びサポゲニン Steroid saponins & Sapogenins:
(*C1):
Pregnenolone
フェニルプロパノイド Phenylpropanoids:
(*C1):
trans-Ferulic acid
クマリン類 Coumarins:
(*C1):
Isoimperatorin, Bergapten, Cnidilin, p-Hydroxyphenethyl anisate, Notopterol, Notoptol, Bergaptol, Nodakenetin, Nodakenin, Decuroside V, Bergamottin, 6'-O-(trans-feruloyl)-Nodakenin, Bergaptol-O-beta-glucopyranoside, Demethylfuropinnarin
N. incisum (*C1):
Angelical
N. forbesii (*C2):
Bergaptol-O-beta-D-glucopyranoside, 6'-O-trans-Feruloylnodakenin
スチルベン系化合物 Stilbenes:
(*C1):
4'-Hydroxy-3,5-dimethoxystilbene
薬理作用 未詳.
DNA配列 DDBJ Accession numbers: U78412, U78472
適応症 感冒, 悪寒, 発熱, 頭痛, 関節の腫脹・疼痛, リウマチ
方剤 駆風解毒散, 清湿化痰湯, 清上蠲痛湯, 川芎茶調散, 疎経活血湯, 二朮湯, 加味八仙湯, 舒筋立安散, 洗肝明目湯, 大防風湯, 当帰拈痛湯, 分心気飲, 黄連消毒飲, 枳実大黄湯, 駆風解毒散, 駆風触痛湯, 行気香蘇散, 辛夷散, 腎疸湯
参考文献 B1) Nat. Med., 49, 409 (1995).
C1) 和漢薬百科図鑑 Vol. I, pp 89-91.
C2) Chem. Pharm. Bull., 38, 2498 (1990).
同類生薬 和羌活, 独活
備考 韓国産の巻羌活はセリ科 (Umbelliferae)のチョウセンオニウド Ostericum koreanum Kitagawa (=Angelica koreana Maxim.) またはニオイウド O. grosseserratum Kitagawa (=A. uchiyamana Yabe) の根と根茎である. また日本産の長羌活, 巻羌活はともにシシウド Angelica pubescens Maxim. の根, 根茎であるが, 最近の和羌活はウコギ科 (Araliaceae) のウド Aralia cordata Thunb. の根の細いものである. 中国産の独活はセリ科の Angelica 属植物の根. 羌活と独活はともに去風, 勝湿の効があり, また痺を通じ, 痛を止める. 羌活は太陽経の薬で, 燥散の性質が強く, よく発表, 発汗させ, 風寒表症に適用されるべきものである. 独活は発表の効がなく, 少陰腎経の薬で, 細辛と共に用いて少陰の頭痛に効果がある. 古人は羌活は遊風を治し, 独活は伏風を治すといっており, また羌活は表に偏り, 独活は裏に偏るともいっている.


詳細情報


  • [ 含有成分]


写真

生薬コード00025888


LC-MS Data

タイプ 試料コード 補足事項
 植物
 生薬 00025888
 エキス 10025888 水エキス
Views
Personal tools