CrudeDrug:Magnoliae Flos

From WAKANDB

Jump to: navigation, search

Contents

シンイ (Magnoliae Flos)

一般生薬名 辛夷, xinyi, Magnoliae Flos
基原 Magnolia kobus De Candolle, Magnolia biondii Pampanini, Magnolia sprengeri Pampanini, Magnolia salicifolia Maximowicz, Magnolia denudata Desrousseaux, コブシ, タムシバ (salicifolia), ハクモクレン (denudata)
原植物科名 Magnoliaceae, モクレン科
薬用部位 花蕾
選品 よく肥大して内部が充実し, 潤いのあるものが良品 (TN).
臨床応用 鎮静, 鎮痛薬として鼻炎, 蓄膿症に応用する.
伝統医学的薬効 分類 辛温解表薬
薬効 散風寒, 通鼻竅. 風寒頭痛, 鼻塞, 鼻淵, 鼻流濁涕に用いる.
薬味・薬性 辛. 温.
成分情報 モノテルペノイド Monoterpenoids:
(*C1):
1,8-Cineol, alpha-Pinene, Citral
M. salicifolia (九州産) (*C1):
Camphor, Limonene
M. salicifolia (関東, 奥羽中南部, 奥羽西部, 秋田, 新潟地方産) (*C1):
Camphor
フェニルプロパノイド Phenylpropanoids:
(*C1):
Asarone, Euasarone, Asarylaldehyde, Methylchavicol, Eugenol
M. salicifolia (関東, 奥羽中南部産) (*C1):
Safrole
M. salicifolia (奥羽西部, 秋田, 新潟地方産) (*C1):
Methyleugenol
リグナンとネオリグナン Lignans & Neolignans:
(*C1):
Magnosalin
M. salicifolia (*C2, C3, C4):
Magnosalin, Magnoshinin
アルカロイド Alkaloids:
(*C1):
d-Coclaurine, l-N-Methylcoclaurine, d-Reticuline, Yuzirine
薬理作用 抗菌 (病原性皮膚癬菌). 抗アレルギー.
DNA配列 DDBJ Accession numbers: AB021009, L12656
適応症 頭痛, 鼻閉, 鼻汁, 副鼻腔炎
方剤 葛根湯加辛夷川芎湯, 辛夷散, 辛夷清肺湯
参考文献 C1) 和漢薬百科図鑑 Vol. II, pp 125-127.
C2) Chem. Pharm. Bull., 31, 1112 (1983).
C3) Planta Med., 46, 291 (1985).
C4) Tetrahedron Lett., 28, 2857 (1987).
同類生薬 厚朴花
備考 中国産はモクレン科 M. biondii Pamp., モクレン M. liliflora Desr., ハクモクレン M. denudata Desr. などの花蕾を乾燥したものであり, 日本に輸入されている辛夷は M. biondii を基源とするものがほとんどである. 中国の薬局方では他 M. sprengerii Pamp. も規定されている. 日本産はタムシバ M. salicifolia の花蕾を乾燥したものであるが, 中国産のものに比べ柔毛が少なく, 潤いに欠け品質は劣る. 従来和産辛夷はコブシ M. kobus DC. であるとされてきたが, 現在市場には見られない.


詳細情報


  • [ 含有成分]


写真

生薬コード00025916


LC-MS Data

タイプ 試料コード 補足事項
 植物
 生薬 00025916
 エキス 10025916 水エキス
Views
Personal tools