CrudeDrug:Magnoliae Cortex

From WAKANDB

Jump to: navigation, search

Contents

コウボク (Magnoliae Cortex)

一般生薬名 厚朴, houpo, Magnoliae Cortex
基原 Magnolia obovata Thunberg, Magnolia officinalis Rehder et Wilson, Magnolia officinalis Rehder et Wilson var. biloba Rehder et Wilson, コウボク
原植物科名 Magnoliaceae, モクレン科
薬用部位 幹及び枝の樹皮
選品 外部は紫黒色で, 内面に縦紋があり, 皮は極めて厚く質は緻密で, 少し苦味を覚えるような新しい物が良い (NI).
臨床応用 鎮痙, 鎮痛, 健胃, 収斂, 去痰, 利尿薬として, 胸腹部の膨満感, 腹痛, 喘咳などに応用する. また, 不安, 精神緊張などを伴う骨格筋の異常緊張状態にも適応する.
伝統医学的薬効 分類 芳香化湿薬
薬効 燥湿消痰, 下気除満. 湿滞傷中, 胃痞吐瀉, 食積気滞, 腹脹便秘, 痰飲喘咳に用いる.
薬味・薬性 苦, 辛. 温.
成分情報 モノテルペノイド Monoterpenoids:
M. obovata (*C1):
alpha-Pinene, beta-Pinene, Camphene, Limonene, Bornyl acetate
セスキテルペノイド Sesquiterpenoids:
M. obovata (*C1):
alpha-Eudesmol, beta-Eudesmol(= Machilol), gamma-Eudesmol, Cryptomeridiol, Eudesobovatol A, Eudesobovatol B, Caryophyllene epoxide
M. officinalis (*C1):
beta-Eudesmol
フェニルプロパノイド Phenylpropanoids:
M. obovata (*C1):
Magnolol(=bis-Chavicol), Honokiol, Magnoloside A, Magnoloside B, Magnoloside C
M. officinalis (*C1):
Magnolol, Honokiol
M. officinalis, M. obovata (*C3, C4, C5):
Magnolol, Honokiol, 以下代謝物 Tetrahydromagnolol, 5-(1-Propen-1(E)-yl)-5'-propyl-2,2'-dihydroxybiphenyl, 5-Allyl-5'-(1-propen-1(E)-yl)-2,2'-dihydroxybiphenyl, Isomagnolol, 5-Allyl-5'-propyl-2,2'-dihydroxybiphenyl
(*C6):
Magnolol
M. obovataの葉 (*C2):
Obovatal, Obovatol
イソキノリンアルカロイド Isoquinoline alkaloids:
M. obovata, M. officinalis (*C1):
Magnocurarine, Magnoflorine, Michelalbine, Anonaine, Liriodenine, Salicifoline chloride
M. officinalis, M. obovata (*C5):
Magnocurarine, Magnoflorine
薬理作用 筋弛緩 (水エキス). 鎮静, 正向反射抑制, 脊髄反射抑制, 抗痙攣・振戦 (エーテルエキス). 神経筋接合部遮断, 一過性血糖降下 (magnocurarine). 鎮静, 中枢性筋弛緩, 殺むし歯 (magnolon, honokiol), 抗菌・殺虫, 抗パーキンソン (magnolol).
DNA配列 DDBJ Accession numbers: AB020999, AB021013, AB021000
適応症 腹満, 腹痛, 便秘, 下痢, 咳嗽, 呼吸困難
方剤 安産湯, 胃苓湯, 茵蔯散, 温脾湯, 加減胃苓湯, 藿香正気散, 加味承気湯, 加味平胃散, 寛中湯, 九味檳榔湯, 桂枝加厚朴杏仁湯, 合壁飲, 厚朴三物湯, 厚朴七物湯, 厚朴生姜半夏甘草人参湯, 厚朴麻黄湯, 香朴湯, 五積散, 柴胡厚朴湯, 柴朴湯, 紫蘇子湯, 実脾湯, 芍薬湯加大黄, 瀉脾湯, 瀉脾湯加竜骨牡蛎, 十六味流気飲, 潤腸湯, 小柴胡合半夏厚朴湯, 小承気湯, 椒梅湯, 消痞湯, 腎炎一方, 神秘湯, 喘四君子湯, 蘇子降気湯, 大承気湯, 治喘一方, 丁香柿蔕湯, 通導散, 当帰湯, 半夏厚朴湯, 不換金正気散料, 分消湯, 平胃散, 補気建中湯, 補中治湿湯, 中正湯, 当帰養血湯, 内托散 [回春], 内托散 [千金], 半夏厚朴七物湯, 檳榔順気湯, 回春茵蔯散, 香砂養胃湯
参考文献 C1) 和漢薬百科図鑑 Vol. II, pp 145-147.
C2) Chem. Pharm. Bull., 30, 3347 (1982).
C3) Chem. Pharm. Bull., 32, 5010 (1984).
C4) Chem. Pharm. Bull., 34, 158 (1986).
C5) 和漢医薬学会誌, 3, 129 (1986).
C6) Shoyakugaku Zasshi, 42, 130 (1988).
同類生薬 厚朴花
備考 『日本薬局方』では3種の樹皮が規定され, magnolol を 0.8%以上含むこととされる. 『中華人民共和国薬典』では厚朴 (Cortex Magnoliae Officinalis, Officinal Magnolia Bark) として M. officinalis の樹皮 (川朴, 湖北厚朴などと称す) と M. officinalis var. biloba (温朴, 温州厚朴) の樹皮が規定される. 樹皮 (幹皮, 枝皮) の他, 根皮も用いられる. 日本市場では中国産の厚朴を唐厚朴と総称する. 韓国産はホオノキの樹皮以外に, クスノキ科のタブノキ Machilus thunbergii Sieb. et Zucc. の樹皮を「厚朴 (薄朴) 」と称し代用にすることがあるが, 気味が全く異なる.


詳細情報


  • [ 含有成分]


写真

生薬コード00025898


LC-MS Data

タイプ 試料コード 補足事項
 植物
 生薬 00025898
 エキス 10025898 水エキス
Views
Personal tools