CrudeDrug:Gentianae scabrae Radix

From WAKANDB

Jump to: navigation, search

Contents

リュウタン (Gentianae scabrae Radix)

一般生薬名 竜胆, longdan, Gentianae scabrae Radix
基原 Gentiana scabra Bunge, Gentiana manshurica Kitagawa, Gentiana triflora Pallas, トウリンドウ
原植物科名 Gentianaceae, リンドウ
薬用部位 根および根茎
選品 淡黄かっ色でヒゲ根の多い大株のものが良い (TN).
臨床応用 苦味健胃薬として, ゲンチアナと同様に用いる. 漢方医学では抗炎症薬として, 消化器の充血, 炎症, 尿道炎, リウマチなどに応用する
伝統医学的薬効 分類 清熱燥湿薬
薬効 清熱燥湿, 瀉肝胆火. 湿熱黄疸, 陰腫陰痒, 帯下, 強中, 湿疹掻痒, 目赤, 耳聾, 脇痛, 口苦, 驚風, 筋肉のひきつりに用いる.
薬味・薬性 苦. 寒.
成分情報 少糖類 Oligosaccharides:
(*C1):
Gentianose, Gentiobiose
モノテルペノイド Monoterpenoids:
(*C1):
Gentiopicrin, Swertiamarin, Gentianine
G. triflora var. japonica (*C1):
Trifloroside
キサントン類 Xanthones:
(*C1):
Gentisin
その他の芳香族誘導体 Other aromatic derivatives:
(*C1):
Gentisic acid
薬理作用 胃液分泌促進 (エキス).
DNA配列 DDBJ Accession numbers: AJ294588, AJ294648
適応症 黄疸, 排尿困難, 排尿痛, 尿の混濁, 陰嚢腫大, 陰痒, 帯下, 目の充血, 眼痛, 胸痛, 脇痛, 難聴, 耳の腫脹・疼痛, 高熱, 痙攣
方剤 舒筋立安散, 疎経活血湯, 立効散, 竜胆瀉肝湯 [薛氏], 竜胆瀉肝湯 [一貫堂], 九味柴胡湯
参考文献 C1) 和漢薬百科図鑑 Vol. I, pp 166-167.
同類生薬 ゲンチアナ, 秦艽
備考 中国産の関竜胆 (東北諸省産) の中には, このほか G. triflora Pallas の地下部を混じている. また雲南竜胆, 貴州竜胆 (雲南, 貴州, 四川省産) は G. regescens Fr. の地下部を基源とする. かつて日本産の樺太竜胆または蝦夷竜胆と称する生薬が市販されたことがあるが, 基源はエゾリンドウ G. triflora Pallas var. japonica Hara の地下部であったが, 今日では市場性はない.


詳細情報


  • [ 含有成分]


写真

生薬コード00025951


LC-MS Data

タイプ 試料コード 補足事項
 植物
 生薬 00025951
 エキス 10025951 水エキス
Views
Personal tools