CrudeDrug:Eucommiae Cortex

From WAKANDB

Jump to: navigation, search

Contents

トチュウ(Eucommiae Cortex)

一般生薬名 杜仲, duzhong, Eucommiae Cortex
基原 Eucommia ulmoides Oliver, トチュウ
原植物科名 Eucommiaceae, トチュウ科
薬用部位 樹皮
選品 樹皮が厚く, 潤いがあり, 横に折って引き伸ばす時に銀白色の綿状糸を多く出すものが良品 (TN).
臨床応用 強壮, 強精, 鎮痛, 降圧薬として, 腎虚, 腰膝の疼痛, 妊婦の腰重, 足膝軟弱, 胎動流産, 高血圧症などに応用する.
伝統医学的薬効 分類 補陽薬
薬効 補肝腎, 強筋骨, 安胎. 腎虚腰痛, 筋骨無力, 妊娠漏血, 胎動不安, 高血圧症に用いる.
薬味・薬性 甘. 温.
成分情報 その他の脂肪族関連化合物 Other aliphatic and related compounds:
(*C1):
Eucommiol
(*C3):
1-Deoxyeucommiol (葉)
モノテルペノイド Monoterpenoids:
iridoids:
(*C1):
Aucubin, Harpagide acetate, Ulmoside(=Aucubigenin-1-beta-isomaltose), Geniposide, Geniposidic acid
リグナンとネオリグナン Lignans & Neolignans:
(*C1, C2):
d-Pinoresinol di-O-beta-D-glucopyranoside, Liriodendrin, d-Pinoresinol O-beta-D-glucopyranoside, d-Medioresinol di-O-beta-D-glucopyranoside
薬理作用 副交感神経興奮様作用 (水エキス).
DNA配列 DDBJ Accession numbers: L01917, L54066
適応症 腰や膝がだるく無力, 腰痛, インポテンツ, 頻尿, 不正性器出血, 習慣性流産, 胎動不安, 高血圧症
方剤 痿証方, 加減八物湯, 加味四物湯, 芎帰補中湯, 大百中飲, 大防風湯, 補陰湯
参考文献 C1) 和漢薬百科図鑑 Vol. II, pp 142-144.
C2) 生薬学概論, pp 319-320.
C3) Shoyakugaku Zasshi, 42, 76 (1988).
同類生薬 杜仲葉
備考 杜仲葉は杜仲の葉で, 近年「杜仲葉茶」「杜仲茶」と称して, 健康食品として市販される. 利尿, 代謝機能促進作用などが報告されている. なお, 台湾産杜仲はニシキギ科のトゲミノマサキ Euonymus trichocarpus Hayata の樹皮である.


詳細情報


  • [ 含有成分]


写真

生薬コード00026380


LC-MS Data

タイプ 試料コード 補足事項
 植物
 生薬 00026380
 エキス 10026380 水エキス
Views
Personal tools