CrudeDrug:Corydalis Tuber

From WAKANDB

Jump to: navigation, search

Contents

エンゴザク (Corydalis Tuber)

一般生薬名 延胡索, yanhusuo, Corydalis Tuber
基原 Corydalis turtschaninovii Besser forma yanhusuo Y. H. Chou et C. C. Hsu, チョウセンエンゴサク
原植物科名 Fumariaceae, ケマンソウ科
薬用部位 塊茎
選品 円くて粒の大きい, 黄色のものが良いとされる (NI).
臨床応用 鎮痙, 鎮痛, 消化性潰瘍治療薬として, 頭痛, 胸やけ, 胃痛, 腹痛, 月経痛に応用する. 特に婦人の月経不通による下腹部の痛みによい. また胃, 十二指腸潰瘍治療に用いる.
伝統医学的薬効 分類 活血去瘀薬
薬効 活血, 利気, 止痛. 胸脇, 腹 (胃) 疼痛, 経閉痛経, 産後瘀阻, 打撲腫痛に用いる.
薬味・薬性 辛, 苦. 温.
成分情報 イソキノリンアルカロイド Isoquinoline alkaloids:
Corydalis spp. (*C1):
dl-Tetrahydropalmatine, l-Tetrahydrocoptisine, d-Corydaline, d-Base II, dl-Base II, l-Canadine, l-Tetrahydrocolumbamine, d-Corybulbine, l-Scoulerine, Coptisine, Dehydrocorydaline, Dehydrothalictrifoline, Berberine, Dehydrocorybulbine, Columbamine, d-Glaucine, d-Isocorydine, Columbamine, d-Norisocorydine, Bulbocapnine, Protopine, alpha-Allocryptopine, Ambiguapine
C. decumbens (*C2):
Palmatine, Tetrahydropalmatine, Decumbensine, Protopine, Bulbocapnine, Adlumidine
薬理作用 鎮痛作用 (エキス). 中樞抑制, 鎮痛作用 (tetrahydropalmatine),胃液分泌抑制作用 (dehydrocorydaline).
DNA配列 DDBJ Accession numbers: AF093722, AF094544, U86622
適応症 月経痛, 無月経, 産後瘀阻, 胸痛, 上腹痛, 打撲外傷による腫脹・疼痛, 下腹痛, 胃潰瘍, 十二指腸潰瘍
方剤 安中散, 烏苓通気湯, 牛膝散, 折衝飲, 八味疝気方
参考文献 C1) 和漢薬百科図鑑 Vol. I, pp 83-86.
C2) Shoyakugaku Zasshi, 47, 440 (1993).
同類生薬
備考 C. turtschaninovii forma yanhusuo は中国浙江, 江蘇省で栽培される. 本種の塊茎が正条品であるが, その他, C. nakaii Ishidoya コウライエンゴサクが内蒙古, 東北諸省, 朝鮮半島から産する.


詳細情報


  • [ 含有成分]


写真

生薬コード00025872


LC-MS Data

タイプ 試料コード 補足事項
 植物
 生薬 00025872
 エキス 10025872 水エキス
Views
Personal tools