CrudeDrug:Cinnamomi Cortex

From WAKANDB

Jump to: navigation, search

Contents

ケイヒ (Cinnamomi Cortex)

一般生薬名 桂皮, guipi , 肉桂, rougui, Cinnamomi Cortex
基原 Cinnamomum cassia Blume, ニッケイ
原植物科名 Laureaceae, クスノキ科
薬用部位 樹皮
選品 広南桂皮は肉薄で, ベトナム桂皮は肉厚. 内面の色が濃褐色~紫黒色で, 辛くて良い芳香のあるものが良品 (TN).
臨床応用 発汗, 解熱, 芳香性健胃, 駆風薬として, 頭痛, 発熱, のぼせ, 感冒, 身体疼痛などに応用する. ケイヒ油はその他に, 矯味, 矯臭薬, 食用香料としても用いられる.
伝統医学的薬効 分類 温裏薬
薬効 補火助陽, 引火帰源, 散寒止痛, 活血通経. 陽痿, 宮冷, 腰膝冷痛, 腎虚作喘, 陽虚眩暈, 目赤咽痛, 心腹冷痛, 虚寒吐瀉, 寒疝, 奔豚, 経閉, 痛経に用いる.
薬味・薬性 辛, 甘. 温.
成分情報 その他の脂肪族関連化合物 Other aliphatic and related compounds:
C. verum (*C1):
Cassioside, Cinnamoside
モノテルペノイド Monoterpenoids:
C. verum (*C1):
l-Phellandrene, alpha-Pinene, beta-Pinene, Geranial, Camphene, Linalool, Terpinen-4-ol
C. sieboldii (*C1):
Camphene, Linalool, 1,8-Cineole
ジテルペノイド Diterpenoids:
C. cassia (*C1):
Cinnzeylanine, Cinnzeylanol, Anhydrocinnzeylanine, Anhydrocinnzeylanol, Cinncassiol A, Cinncassiol B, Cinncassiol C1, Cinncassiol C2, Cinncassiol C3, Cinncassiol D1, Cinncassiol D2, Cinncassiol D3, Cinncassiol D4, Cinncassiol E
C. verum (*C1):
Cinnzeylanine, Cinnzeylanol
フェニルプロパノイド Phenylpropanoids:
C. cassia (*C1):
Cinnamaldehyde(=Cinnamic aldehyde), Cinnamyl acetate, Phenylpropyl acetate, Cinnamic acid, Salicyl aldehyde
C. verum (*C1):
Cinnamaldehyde(=Cinnamic aldehyde), Eugenol
C. sieboldii (*C1):
Cinnamaldehyde (=Cinnamic aldehyde)
タンニン Tannins:
C. cassia (*C1):
l-Epicatechin, Procyanidin B-2, Procyanidin B-5, Procyanidin C-1, Cinnamtannin I
C. verum (*C1):
l-Epicatechin, Procyanidin B-1, Procyanidin B-2, Procyanidin B-5
(*C2):
Cinnamtannin A1
薬理作用 鎮静, 鎮痛 (水エキス, 精油:大量で痙攣). 抗菌 (精油:病原性糸状菌). 眼瞼下垂, 血圧降下, 体温降下, 呼吸促進, 覚醒, 胆汁分泌促進, ストレス性潰瘍抑制 (ケイアルデヒド). 発汗増強, 局所麻酔 (水エキス).
DNA配列 DDBJ Accession numbers: AB040075, AB040085
適応症 感冒, 神経痛, リウマチ, 慢性気管支炎, 月経不順, 無月経, 腹痛, 下痢, 身体が重だるい
方剤 胃風湯, 温経湯, 温脾湯, 葛根湯, 葛根加半夏湯, 葛根加苓朮附湯, 葛根湯加辛夷川芎湯, 加味八仙湯, 栝楼桂枝湯, 緩痃湯, 甘草附子湯, 帰耆建中湯, 逆挽湯, 救逆湯, 九味檳榔湯, 桂枝湯, 桂枝加黄耆湯, 桂枝加葛根湯, 桂枝加桂湯, 桂枝加厚朴杏仁湯, 桂枝加芍薬湯, 桂枝加芍薬生姜人参湯, 桂枝加芍薬大黄湯, 桂枝加朮附湯, 桂枝加大黄湯, 桂枝加附子湯, 桂枝加竜骨牡蛎湯, 桂枝加苓朮附湯, 桂枝甘草湯, 桂枝甘草龍骨牡蠣湯, 桂枝去芍薬湯, 桂枝五物湯, 桂枝芍薬知母湯, 桂枝生姜枳実湯, 桂枝桃仁湯, 桂姜棗草黄辛附湯, 桂枝人参湯, 桂枝茯苓丸, 桂枝茯苓丸料, 桂枝附子湯, 桂枝麻黄各半湯, 香芎湯, 厚朴七物湯, 行和芍薬湯, 桂枝二越婢一湯, 桂枝二越婢一湯加苓朮附, 桂枝二麻黄一湯, 牛車腎気丸, 五物大黄湯, 柴葛解肌湯, 柴胡加竜骨牡蛎湯, 柴胡桂枝湯, 柴胡桂枝乾姜湯, 柴胡疎肝湯, 柴苓湯, 紫蘇子湯, 炙甘草湯, 赤小豆湯, 瀉脾湯, 瀉脾湯加龍骨牡蠣, 十全大補湯, 十味ざ散, 十六味流気飲, 小建中湯, 生地黄湯, 小青竜湯, 小青竜加石膏湯, 小続命湯, 椒梅湯, 古今録験続命湯, 赤丸料 (桂皮), 折衝飲, 壮原湯, 増損木防已湯, 続命湯, 蘇子降気湯, 大青竜湯, 大続命湯, 大百中飲, 竹葉湯, 治喘一方, 治打撲一方, 中建中湯, 丁香柿蔕湯, 丁香茯苓湯, 桃核承気湯, 当帰建中湯, 当帰四逆湯, 当帰四逆加呉茱萸生姜湯, 当帰鬚散, 当帰湯, 独活葛根湯, 独活寄生湯, 内托散 [回春], 内托散 [千金], 貝母湯, 八味丸合人参湯, 八味疝気方, 半夏散料, 半夏湯, 茯苓甘草湯, 茯苓桂枝甘草大棗湯, 茯苓沢瀉湯, 巫神湯, 分心気飲, 変製心気飲, 防已地黄湯, 防已茯苓湯, 牡丹皮散, 補肺湯, 麻黄湯, 麻黄加朮湯, 明朗飲, 木防已湯, 木防已去石膏加茯苓芒硝湯, 良枳湯, 苓桂甘棗湯, 苓桂甘棗湯, 苓桂五味甘草湯, 苓桂朮甘湯, 連珠飲, 弄玉湯, 六物黄芩湯, 六物附子湯, 本方芍薬湯, 桂枝去芍薬加蜀漆龍骨牡蠣湯, 桂枝去芍薬加蜀漆龍骨牡蠣救逆湯, 桂枝去芍薬加麻黄附子細辛湯, 白虎加桂枝湯, 麻黄加苓朮附湯, 人参養栄湯 [局方], 奔豚湯 [広済], 奔豚湯 [集験方], 奔豚湯 [小品], 奔豚湯 [深師], 奔豚湯 [肘後方], 薏苡仁湯 [明医指掌], 風引湯, 安中散, 茵蔯五苓散, 五積散, 五苓散, 竹皮大丸, 女神散, 八味地黄丸, 胃苓湯, 烏頭桂枝湯, 黄耆桂枝五物湯, 黄耆建中湯, 黄耆芍薬桂枝苦酒湯, 黄耆別甲湯, 黄連湯
参考文献 C1) 和漢薬百科図鑑 Vol. II, pp 140-142.
C2) 生薬学概論, pp 308-309.
同類生薬 セイロン桂皮, タイ桂皮, ジャワ桂皮
備考 中国では C. cassia の樹皮を「肉桂」(rougui), 嫩枝を「桂枝」(guizhi)と称し, 薬効を異にする. 肉桂は温裏薬 (伝統医学的薬効を参照), 桂枝は辛温解表薬で薬効は次のとおり:発汗解肌, 温通経脈, 助陽化気, 平冲降気. 風寒感冒, 胃腸冷痛, 血寒経閉, 関節痺痛, 痰飮, 水腫、心悸, 奔豚に応用する. 日本における用法は「桂枝」に近い. 「セイロン桂皮」は, C. verum J. S. Presl の幹皮で, Cinnamon Bark と称され, 香辛料として世界的に有名である. 「タイ桂皮」は, C. iners Reinw. ex Blume, 「ジャワ桂皮」は, C. burmanni Blume に由来するものとされる. 日本産の「肉桂 (にっけい) 」と称されるものは C. sieboldii Meissn ニッケイの根皮である.


詳細情報


  • [ 含有成分]


写真

生薬コード00025892


LC-MS Data

タイプ 試料コード 補足事項
 植物
 生薬 00025892
 エキス 10025892 水エキス

産地の異なる桂皮抽出物のLC-MS分析結果

産地の異なる桂皮抽出物のLC-MS



インドネシアの桂皮とベトナムの桂皮の違い

インドネシアの桂皮とベトナムの桂皮の違い


インドネシアの桂皮に含有される甘味物質

A-type procyanisins


桂皮エキスに含有されるジテルペン

桂皮エキスに含有されるジテルペン


ProcyanidinB類のelution profile

ProcyanidinB類のelution profile


Analytical conditions

Instrument Shimadzu LC-IT-TOF MS ESI
Column Waters Atlantis T3 (2.1 mm x 150 mm)
Column Temperature 35℃
Solvent A 0.1% HCOOH solution
Solvent B acetonitrile
Gradient 10% to 100% Solvent B (0-30 min), 100% Solvent B (30-40 min)
Views
Personal tools