CrudeDrug:Chrysanthemi Flos

From WAKANDB

Jump to: navigation, search

Contents

キクカ (Chrysanthemi Flos)

一般生薬名 菊花, juhua, Chrysanthemi Flos
基原 Chrysanthemum morifolium Ramatulle, Chrysanthemum indicum Linne, キク, シマカンギク
原植物科名 Asteraceae, キク科
薬用部位 頭状花
選品 黄色多瓣の極新しい嵩の高いものが良いとされる (NI).
臨床応用 解熱, 解毒, 鎮痛, 消炎薬として, 感冒, 発熱, 悪寒, 頭痛, 目赤腫痛, 頭暈, 腫癰などに応用する. また, 動脈硬化, 高コレステロール症などに金銀花を配して応用する. 茶剤にもする.
伝統医学的薬効 分類 辛涼解表薬
薬効 散風清熱, 平肝名目. 風熱感冒, 頭痛眩暈, 目赤腫痛, 眼目昏花に用いる.
薬味・薬性 甘, 苦. 平 (微寒).
成分情報 脂肪酸 Fatty acids:
C. morifolium (*C1):
Acetic acid, Propionic acid
単糖類 Monosaccharides:
C. morifolium (*C1):
Fructose, Glucose, Arabinose, Galactose, Rhamnose, Ribose (すべて花)
少糖類 Oligosaccharides:
C. morifolium (*C1):
Sucrose (花)
モノテルペノイド Monoterpenoids:
C. morifolium (*C1):
2,2,4-Trimethyl-3-cyclohexene-1-carboxylic acid (花) , Borneol, Bornyl acetate, Camphor, α-Thujone
フラボンとフラボノール Flavones & Flavonols:
C. morifolium (*C1):
Apigeninglucoside (花)
その他の芳香族誘導体 Other aromatic derivatives:
C. morifolium (*C1):
Benzoic acid, Benzaldehyde, Anisaldehyde
簡単な含窒素化合物 Simple nitrogen containing compounds:
C. morifolium (*C1):
Adenine, Choline (花)
未詳 unknown:
C. morifolium (*C1):
Acacetin-7-rhamnoglucoside (花), Stachydrine, Chrysanthenone
薬理作用 弱い体温降下 (大量で循環器系障害). 毛細血管抵抗性増強. 抗菌 (抗菊花:各種皮膚真菌).
DNA配列 DDBJ Accession numbers: AF218883, L13648
適応症 発熱, 頭痛, 咳嗽, 咽痛, 目の充血, 目がかすむ, 視力減退, めまい, ふらつき
方剤 清上蠲痛湯, 釣藤散, 滋腎明目湯 (腎気明目湯), 洗肝明目湯, 腎気明目湯, 蔓荊子散, 明眼一方, 杞菊地黄丸
参考文献 C1) 和漢薬百科図鑑 Vol. II, pp 122-125.
同類生薬 苦よく:ホソバアブラギク Chrysanthemum lavandulaefolium Makino, 野菊の別名, 日本では「漢菊花」とも称される
備考 「白菊花」,「甘菊」など多くの名称がある.


詳細情報


  • [ 含有成分]


写真

生薬コード00025886


LC-MS Data

タイプ 試料コード 補足事項
 植物
 生薬 00025886
 エキス 10025886 水エキス
Views
Personal tools