CrudeDrug:Asparagi Tuber

From WAKANDB

Jump to: navigation, search

Contents

テンモンドウ (Asparagi Tuber)

一般生薬名 天門冬, tianmendong, Asparagi Tuber, Asparagi Radix
基原 Asparagus cochinchinensis Merrill, クサスギカズラ
原植物科名 Asparagaceae, クサスギカズラ科
薬用部位 根の肥大部 (外皮を去ったもの)
選品 肉太く, 緻密で黄白色半透明のものが良品. 貴州省産が品質がよい (川天冬) (TN).
臨床応用 鎮咳, 利尿, 緩和, 滋養, 強壮薬として, 虚した状態の人の咳嗽, 咳血, 空咳などに用い, また大便燥結などにも応用する.
伝統医学的薬効 分類 補陰薬
薬効 養陰潤燥, 清肺生津. 肺燥干咳, 頓咳痰粘, 咽干口渇, 腸燥便秘に用いる.
薬味・薬性 甘, 苦. 大寒.
成分情報 ステロール Sterols:
(*C1):
beta-Sitosterol
ステロイドサポニン及びサポゲニン Steroid saponins & Sapogenins:
(*C2):
Smilageninをアグリコンとするステロイドサポニン
その他の芳香族化合物 Other aromatic compounds:
(*C1):
5-Methoxy-methylfurfural
アミノ酸 Amino acids:
(*C1):
Asparagine
その他 Other:
(*C1):
粘液質
薬理作用 抗菌作用 (グラム陽性菌) .
DNA配列 DDBJ Accession numbers: AB029804, AB029849
適応症 咳嗽, 乾咳, 無痰, 喀血, 呼吸困難, 慢性気管支炎, 結核, 痰に血が混ざる, 盗汗, 口渇, 便秘
方剤 滋陰降火湯, 清肺湯, 黄耆別甲湯, 甘露飲
参考文献 C1) 和漢薬百科図鑑 Vol. I, pp 33-34.
C2) 生薬学概論, p 336.
同類生薬 麦門冬, Shatamuli (Ayurveda)
備考 市場にはクサスギカズラの他, タチテンモンドウ A. lucidus Lindl. var. pygmaeus Makino, A. filicinum Ham. およびキジカクシ (龍鬚菜) A. schoberioides Kunth の根も出荷される可能性がある. 天門冬は滋補肺腎の力が強く, 麦門冬は清肺潤燥の力が強い. 肺結核の燥咳には天門冬と麦門冬を同時に使用する.


詳細情報


  • [ 含有成分]


写真

生薬コード00025932


LC-MS Data

タイプ 試料コード 補足事項
 植物
 生薬 00025932
 エキス 10025932 水エキス
Views
Personal tools