CrudeDrug:Asiasari Radix

From WAKANDB

Jump to: navigation, search

Contents

サイシン (Asiasari Radix)

一般生薬名 細辛, xixin, Asiasari Radix
基原 Asiasarum sieboldii F. Maekawa, Asiasarum heterotropoides F. Maekawa var. mandshuricum F. Maekawa, ウスバサイシン, ケイリンサイシン
原植物科名 Aristolochiaceae, ウマノスズクサ科
薬用部位 根茎及び根
選品 香りおよび辛味の強いものが良品 (TN).
臨床応用 鎮咳, 去痰, 鎮静, 鎮痛, 新陳代謝機能促進薬として, 慢性気管支炎, 気管支拡張症など希薄な痰がでる咳嗽, 咳が頻発し頭痛, 胸満, 胸痛するものに応用する.
伝統医学的薬効 分類 温裏薬
薬効 去風散寒, 通竅止痛, 温肺化飲. 風寒感冒, 頭痛, 牙痛, 鼻塞鼻渊, 風湿痺痛, 痰飲喘咳に応用する.
薬味・薬性 辛. 温.
成分情報 脂肪酸 Fatty acids:
A. heterotropoides var. seoulense (*C1):
Parmitic acid
モノテルペノイド Monoterpenoids:
A. sieboldii (*C1):
Eucarvone, Limonene, 1,8-Cineole, 3-Caren-2-on-5-ol, Epoxycaran-2-on-3-ol
A. heterotropoides var. seoulense (*C1):
l-beta-Pinene, Eucarvone
フェニルプロパノイド Phenylpropanoids:
A. sieboldii (*C1):
Methyleugenol, Elemicin
A. heterotropoides var. seoulense (*C1):
Methyleugenol, Safrole, Kakuol
A. heterotropoides var. mandshuricum (*C1):
Kakuol
リグナンとネオリグナン Lignans & Neolignans:
A. sieboldii (*C1):
l-Asarinin
A. heterotropoides var. seoulense (*C1):
l-Sesamin
(*C2):
Asatone
イソキノリンアルカロイド Isoquinoline alkaloids:
A. heterotropoides var. mandshuricum (*C1):
Higenamine
カプサイシン類 Capsaicins:
A. heterotropoides var. mandshuricum (*C1):
Pellitorine, 2E,4E,8Z,10E-N-Isobutyl-2,4,8,10-dodecatetraenamide, 2E,4E,8Z,10Z-N-Isobutyl-2,4,8,10-dodecatetraenamide
薬理作用 抗アレルギー, 抗ヒスタミン (水性エキス), 鎮静, 解熱, 鎮痛 (精油).
DNA配列 DDBJ Accession numbers: AF061499, AF061500,AF061501, AF061502
適応症 咳嗽, 慢性気管支炎, 気管支拡張症, 頭痛, 鼻閉, 副鼻腔炎, 呼吸困難, 身体痛, 関節の腫脹・疼痛, 歯痛, 悪寒, 感冒
方剤 加減瀉白散, 駆風触痛湯, 苓甘姜味辛夏仁黄湯, 苓甘五味姜辛湯, 桂姜棗草黄辛附湯, 桂枝去芍薬加麻黄附子細辛湯, 厚朴麻黄湯, 三黄湯, 芍甘黄辛附湯, 謝導人大黄湯, 小青竜湯, 小青竜加石膏湯, 小青竜合麻杏甘石湯, 辛夷散, 清上蠲痛湯, 赤丸料 (桂皮), 赤丸料 (半夏), 大黄附子湯, 大三五七散, 当帰四逆湯, 当帰四逆加呉茱萸生姜湯, 独活寄生湯, 麻黄附子細辛湯, 明朗飲, 射干麻黄湯, 立効散, 苓甘姜味辛夏湯, 苓甘姜味辛夏仁湯
参考文献 C1) 和漢薬百科図鑑 Vol. II, pp 14-15.
C2) 生薬学概論, pp 298-299.
同類生薬 土細辛 (杜衡)
備考 中国産 (A. heterotropoides var. mandshuricum ケイリンサイシン等) 及び朝鮮半島産 (A. heterotropoides var. seoulense F. Maekawa ウスゲサイシン) の細辛は根つきの全草からなる. 日本薬局方サイシンは A. sieboldii ウスバサイシンまたはケイリンサイシンの根及び根茎と規定されている. 根及び根茎にはアリストロキア酸は含まれていないが, 地上部にはアリストロキア酸が含まれる. アリストロキア酸は腎障害を引き起こすことが知られている. なお「土細辛」は A. kooyanum Makino var. nipponicum (F. Maekawa) Kitam. カンアオイの類である.


詳細情報


  • [ 含有成分]


写真

生薬コード00025904


LC-MS Data

タイプ 試料コード 補足事項
 植物
 生薬 00025904
 エキス 10025904 水エキス
Views
Personal tools