CrudeDrug:Artemisiae capillaris Flos

From WAKANDB

Jump to: navigation, search

Contents

インチンコウ (Artemisiae capillaris Flos)

一般生薬名 茵陳蒿, yinchenhao, Artemisiae capillaris Herba
基原 Artemisia capillaris Thunberg, カワラヨモギ
原植物科名 Asteraceae, キク科
薬用部位 花穂
選品 綿茵蒿は葉の細い綿糸のようなものが良品. 日本産は頭花ばかりで特有の香気と苦味の強いものほど良品 (TN).
臨床応用 消炎, 利胆, 解熱, 利尿薬として, 黄疸, 肝炎, 胆嚢炎などに応用する.
伝統医学的薬効 分類
薬効 清湿熱, 退黄疸. 黄疸尿少, 湿瘡掻痒;伝染性黄疸型肝炎に用いる.
薬味・薬性 苦. 平, 微寒.
成分情報 モノテルペノイド Monoterpenoids:
A. capillaris (*C1):
beta-Pinene
クロモン類 Chromones:
A. capillaris (*C1):
Capillarisin
クマリン類 Coumarins:
A. capillaris (*C1):
Scoparone (=Esculetin-6,7-dimethylether), Scopoletin (幼苗)
イソクマリン類 Isocoumarins:
A. capillaris (*C1):
Capillarin
その他の芳香族誘導体 Other aromatic derivatives:
A. capillaris (*C1):
Capillone, Norcapillene, Capilline, Capillene (すべて花穂)
薬理作用 胆汁分泌亢進 (煎液, エタノールエキス, esculetin, capillin, capillarisin).
DNA配列 DDBJ Accession numbers: AF045402, AF079953
適応症 黄疸, 尿量減少, 腹満, 発熱, いらいら, 胸痛, 脇痛, 口が苦い, 泥状水様便, 浮腫, 冷え, 元気が無い, 蕁麻疹, そう痒
方剤 茵蔯蒿湯, 茵蔯五苓散, 茵蔯散, 茵蔯四逆湯, 甘露飲, 治黄胖方, 当帰拈痛湯, 当帰白朮散, 当帰白朮湯, 麻黄五味湯, 回春茵蔯散
参考文献 C1) 和漢薬百科図鑑 Vol. II, pp 38-41.
同類生薬 茵蔯, 土茵蔯, 北茵蔯
備考 韓国産: キク科 (Asteraceae) のイワヨモギ Artemisia iwayomogi Kitamura の茎葉を乾燥したもの.


詳細情報


  • [ 含有成分]


写真

生薬コード00025871


LC-MS Data

タイプ 試料コード 補足事項
 植物     
 生薬 00025871   
 エキス 10025871 水エキス
Views
Personal tools