CrudeDrug:Artemisiae argyi Folium

From WAKANDB

Jump to: navigation, search

ガイヨウ (Artemisiae argyi Folium)

基原
キク科 (Asteraceae) の Artemisia argyi Levl. et Vant. その他ヨモギ A. princeps Pamp. (=A. vulgaris L. var. indica Maxim. ), A. lavandulaefolia DC. , A. princeps Pamp. およびオオヨモギ A. montana (Nakai) Pamp. (=A. vulgaris L. var. vulgatissima Bess. ) などの全草または葉を乾燥したもの
薬能
艾葉は気血を暖め、経脈を暖め、寒湿を逐り、冷痛を止める作用がある。また、下焦の虚寒に対する薬で、寒冷腹痛、経寒不調のような症に用い、すべて寒を散じる効がある。また能く止血の作用があり、崩漏に多く用いるが、これも亦虚寒に属するもので、経を温め、血を止める効は、炮姜と同じである。
薬味・薬性
苦。微温。
用途  
収斂性止血、鎮痛薬として、婦人の漏下、妊娠中の下血、腹痛などに応用する。


                                              和漢薬百科図鑑より抜粋

26362.JPG



LC-MS Data

タイプ 試料コード 補足事項
 植物      
 生薬 00026362   
 エキス 10026362 水エキス
Views
Personal tools