CrudeDrug:Angelicae dahuricae Radix

From WAKANDB

Jump to: navigation, search

Contents

ビャクシ (Angelicae dahuricae Radix)

一般生薬名 白芷, baizhi, Angelicae dahuricae Radix
基原 Angelica dahurica Bentham et Hooker, ヨロイグサ
原植物科名 Apiaceae, セリ科
薬用部位
選品 白色で虫害がなく, 芳香の強烈なものが良い (TN).
臨床応用 鎮痛, 鎮静, 排膿薬として, 頭痛, 歯痛, 鼻炎, 婦人の血証に応用する.
伝統医学的薬効 分類 辛温解表薬
薬効 散風除湿, 通竅止痛, 消腫排膿. 感冒頭痛, 眉稜骨痛, 鼻塞, 鼻渊, 歯痛, 白帯, 瘡瘍腫痛に用いる.
薬味・薬性 辛. 温.
成分情報 クマリン類 Coumarins:
A. dahurica (*C1):
Byakangelicin, Byakangelicol, Oxypeucedanin, Imperatorin, Phellopterin, Xanthotoxin, Marmesin, Scopoletin, Anhydrobyakangelicin, Neobyakangelicol
A. dahurica var. pai-chi (*C1):
Byakangelicin, Byakangelicol, Oxypeucedanin, Imperatorin, Phellopterin, Xanthotoxin, Marmesin, Scopoletin, Anhydrobyakangelicin, Neobyakangelicol, Isoimperatorin
A. formosana (*C1):
Phellopterin, Oxypeucedanin, Imperatorin, Isoimperatorin, Bergapten, Oxypeucedanin hydrate
薬理作用 鎮静 (煎液). 中枢性昇圧. 呼吸運動促進 (エーテルエキス). 抗菌 (赤痢菌, チフス菌, グラム陽性菌, ヒト型結核菌).
DNA配列 DDBJ Accession numbers: D44553, AJ131292, U78416, U78476, AF169270, AF169271, AF169268, AF169269
適応症 頭痛, 歯痛, 鼻炎, 皮膚化膿症, 帯下, 関節の腫脹・疼痛, そう痒, 毒蛇咬傷
方剤 烏薬順気散, 藿香正気散, 駆風触痛湯, 荊芥連翹湯 [一貫堂], 荊芥連翹湯 [回春], 五積散, 滋腎通耳湯, 滋腎明目湯 (腎気明目湯), 十六味流気飲, 舒筋立安散, 助陽和血湯, 辛夷散, 腎気明目湯, 清湿化痰湯, 清上蠲痛湯, 清上防風湯, 川芎茶調散, 疎経活血湯, 内托散 [回春], 内托散 [千金], 牡丹皮散
参考文献 C1) 和漢薬百科図鑑 Vol. I, pp 51-52.
同類生薬
備考 『中華人民共和国薬典』では, Angelica dahurica (Fisch.) Benth. et Hook. f. と A. dahurica (Fisch.) Benth. et Hook. f. var. formosana (Boiss.) Shan et Yuan が規定される. 後者の異名が A. dahurica (Fisch.) Benth. et Hook. f. var. pai-chi Kimura et Yen である. 祁白芷, 禹白芷の原植物は前者であり, 杭白芷, 川白芷の原植物は後者であり, それぞれ中国の北方地区, 南方地区で栽培される. 日本産白芷はヨロイグサ A. dahurica の根である.


詳細情報


  • [ 含有成分]


写真

生薬コード00025940


LC-MS Data

タイプ 試料コード 補足事項
 植物      
 生薬 00025940   
 エキス 10025940 水エキス
Views
Personal tools