CrudeDrug:Alpiniae officinari Rhizoma

From WAKANDB

Jump to: navigation, search

Contents

リョウキョウ (Alpiniae officinari Rhizoma)

一般生薬名 良姜, liangjiang, Alpiniae officinarum Rhizoma
基原 Alpinia officinarum Hance, ガランガル
原植物科名 Zingiberaceae, ショウガ科
薬用部位 根茎
選品
臨床応用 芳香性健胃, 鎮痛, 鎮吐薬として, 寒冷による胃痛, 消化不良, 嘔吐, 腹痛下痢などに応用する.
伝統医学的薬効 分類 温裏薬
薬効 温胃散寒, 消食止痛. 腹 (胃) 冷痛, 胃寒嘔吐, げっぷに用いる.
薬味・薬性 辛. 温.
成分情報 モノテルペノイド Monoterpenoids:
(*C1):
1,8-Cineole (=Eucalyptol)
セスキテルペノイド Sesquiterpenoids:
(*C1):
alpha-Cadinene
フェニルプロパノイド Phenylpropanoids:
(*C1):
Methyl cinnamate
フラボンとフラボノール Flavones & Flavonols:
(*C1):
Galangin, Kaempferid, Alpinin
薬理作用 未詳.
DNA配列 DDBJ Accession numbers: AB040213, AF192711, AF192712, AF192709, AF192710
適応症 腹が冷えて痛む, 下腹痛, 悪心, 嘔吐, しゃっくり
方剤 安中散, 丁香柿蔕湯, 良枳湯
参考文献 C1) 和漢薬百科図鑑 Vol. I, pp 136-137.
同類生薬
備考 家庭薬原料にもされる.


詳細情報


  • [ 含有成分]


写真

生薬コード00026393


LC-MS Data

タイプ 試料コード 補足事項
 植物      
 生薬 00026393    
 エキス 10026393 水エキス
Views
Personal tools